木村拓哉、娘が愛しくなる瞬間を告白 ファンは「その光景、映像で見せて」

キムタクこと木村拓哉が娘との思い出を吐露。愛しくなる瞬間について力説・実演して…。

2021/09/16 08:15

木村拓哉

15日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に「キムタク」こと木村拓哉が登場。娘が「愛しくなる瞬間」を明かし、大きな話題を集めている。



 

◼キム兄に質問

番組MCのTOKIO・国分太一の提案で、この日は木村を「キム兄」と呼ぶと決定。そこから『キム兄に友達ってことで聞いていいですか?』と題し、国分らが用意した質問カードに木村が答えていく流れとなった。

はじめて住んだ家やジャニーズの後輩とのエピソードなどを赤裸々に語るなか、「イヤイヤ期どうでした?」との質問が。ここから木村が娘との思い出を語りだす。


関連記事:木村拓哉は「台本持たず現場に」 スタジオジブリPが明かす『ハウル』収録秘話

 

◼娘が1番かわいい瞬間

1~3歳の赤ちゃんに自我が芽生え、自分の意見を主張しはじめる時期がイヤイヤ期。木村は「あんまりなかったような気がする」と娘のイヤイヤ期について言及する。

ここで国分が「(娘さんの)髪の毛乾かしたことあります? けっこう大変じゃないですか?」と尋ねると、木村は「でも、あのとき1番かわいくない? なんか愛おしくないっすか、あの瞬間が」と娘の髪を乾かす瞬間に愛しさを感じると主張した。

次ページ
◼木村が実演

TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow【Amazon】

テレビジャニーズTOKIO木村拓哉キムタク松岡昌宏国分太一TOKIOカケルイヤイヤ期
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング