『ミヤネ屋』宮根誠司、台風14号の珍しい進路予想に懸念 「これまさに…」

台風のまま上陸し、本州を横断するような進路を取ると予想されている、台風14号。とくに西日本地域の方々は早めの備えを。

2021/09/16 17:20

宮根誠司

台風14号が、台風のまま上陸する恐れが出てきた。16日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)でも最新情報が伝えられ、番組司会の宮根誠司も改めて警戒を呼びかけた。



 

■台風のまま上陸の恐れ

番組では気象予報士の蓬莱大介氏が、台風14号は「気圧や最大瞬間風速は(現在と)変わらず、時速20キロでゆっくりと九州北部を進み、金曜の午後に上陸の可能性がありそう」だと解説。

宮根が「台風のまま上陸しますけども、陸地を通ることによって、勢力が落ちていくと思っても良いのでしょうか」と尋ねると、蓬莱氏は「可能性はありますが、今の予想では、土曜日の時点では気圧はあまり変わらず、最大瞬間風速も30メートル…土曜日の朝までは、いまのところ台風で進んでいくだろうと予想しております」と説明した。


関連記事:14日までに「台風2号」発生の予報 強い勢力で日本の南海上を進む恐れも

 

■まさに…大阪直撃?

改めて、予想進路を見た宮根は「九州の北部、それからあまり台風が来ない瀬戸内、この辺りを抜けてきます、大雨被害も出て地盤もゆるいので…」と懸念。

続けて、「これまさに大阪直撃と…いう風に思うんですけれども、思い出すのが2018年の、大きな被害出ましたけれども、それぐらいの台風だと思ったほうが良いでしょうか」と大阪への影響を心配する。

蓬莱氏によると「いえ、あのとき(2018年の台風21号)は『非常に強い勢力』で最大瞬間風速も50メートルぐらい吹きましたので、それよりは衰えますけれども」という。

しかし、「台風は中心付近が近づくと急激に雨風が強まりますから、警戒は必要」と呼びかけた。

次ページ
■西日本は金曜朝までに台風対策を

【Amazon】大人気お取り寄せラーメンAFURI公式・冷凍 柚子塩らーめん(6食)

テレビ気象予報士大阪府宮根誠司自然災害情報ライブミヤネ屋台風14号蓬莱大介
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング