台湾から小さな村にマスク1万枚が届く 「ワクチン送ってくれたお礼を込めて」

1万枚のうち4,000枚は、台湾の中学校と相互交流している大玉中の生徒に配布されるとのこと。

2021/09/16 17:50

台湾製マスク

日本政府は6月4日、7月8日、同15日の3回にわたり、合わせて約334万回分のアストラゼネカ製ワクチンを台湾に届けている。そのお礼として、福島県の大玉村に1万枚の不織布マスクが届いた。


画像をもっと見る

 

■説明書きなどすべて日本語

今月14日に大玉村役場に5箱のダンボールに入った計1万枚の台湾製マスクが到着。1袋5枚パックとなっており、パッケージの説明書きはすべて日本語だ。

台湾製マスク

「日本ありがとうございます!113万回分のワクチンの友情」と記載されている。ではなぜ大玉村に届いたのか。

【画像】台湾から届いた大量の不織布マスク


関連記事:五輪開催で日本も危険? 台湾とシンガポールは国際空港から新型コロナ感染者増

 

■中学生に国際交流体験

大玉村には「中学生に国際交流の経験をさせてあげたい」との想いがある。そのため、2015年から海外交流事業「友好の翼」を開始し、村内の中学2年生36人を台湾に派遣。現地の中学生と交流し、3泊4日の日程でホームステイを実施している。

大竹國民中学生来村

2017年には台湾大竹国民中学校の生徒が、大玉村を訪れ相互交流がスタートし、2019年には同中学が姉妹校となった。大玉中学校の希望者は、ほぼすべて台湾に行けるそうだ。

次ページ
■4,000枚中学生に配布

ST-TRADE 立体マスク120枚入り【Amazon】

子育てマスク台湾福島県オンラインワクチン新型コロナウイルス大玉村大玉村地域おこし協力隊日本で最も美しい村連合
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング