列島直撃が予想される台風14号、広範囲での暴風と大雨に注意 気象予報士が解説

台風14号の進路予想が本州直撃に変わった理由とは。東海地方は1日で最大300~400㎜の大雨が降る恐れ。

2021/09/16 16:25


 

■東海は最大300~400㎜の大雨が降る恐れ

気象庁が昼に発表した予想雨量は、以下のようになっています。

台風14号

たった1日で300~400ミリというのは、災害が起こる恐れのある雨量です。土砂災害、川の氾濫に厳重に警戒してください。今一度、「重ねるハザードマップ」などのサイトを利用して、ご自身の周辺の危険箇所の確認をお願いします。


関連記事:14日までに「台風2号」発生の予報 強い勢力で日本の南海上を進む恐れも

 

■風も同時に強まる

台風14号

また、今回は雨だけでなく同時に風も強まるため、大雨が降ってきてからの避難はかえって危険となる可能性が高いです。もし周囲に危険な場所があるなら、雨が降り出す前に安全な場所へ避難をしてください。空振りを恐れず“何もなければそれでよかった”という姿勢が大切です。

・合わせて読みたい→梅雨末期のような集中豪雨に警戒 来週まで続く大雨の危険性を気象予報士が解説

(取材・文/気象予報士・千種ゆり子

ゼロからわかる天気と気象(ニュートン別冊)【Amazon】

災害大雨話題気象予報士福岡県ハザードマップ佐賀県上陸温帯低気圧台風14号暴風本州東海千種ゆり子進路予想
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング