『NHK上方漫才コンテスト』“ラストイヤー”はビスケットブラザーズが優勝

「第51回NHK上方漫才コンテスト」の決勝で、ビスケットブラザーズが優勝。石川県地震の影響で放送が23日に延期に。

2021/09/17 21:50

ビスケットブラザーズ

お笑いコンビ・ビスケットブラザーズが、8月30日にNHK大阪ホールにて開催された『第51回NHK上方漫才コンテスト』で優勝。その放送が23日(木・祝)午後10時〜NHK総合テレビ(関西地方)に決定した。

16日に放送予定だったが、石川県で震度5弱の地震が発生したため、放送が延期されていた。



 

■関西の若手のステータス

1971年に始まった同大会は、結成10年未満のプロの芸人が対象のコンテスト。歴代の優勝者には、オール阪神・巨人、ますだおかだ、フットボールアワー、笑い飯、和牛、ミキらが名を連ねており、とくに関西の若手芸人にとってはステータスとなっている。

ビスケットブラザーズは、Bブロックのステージでコント「レジ使い」を披露し、審査員の投票で5票を獲得。Aブロックを勝ち抜いたニッポンの社長との決勝戦では、コント「キャバクラ」で5票を獲得して優勝を飾った。


関連記事:『キングオブコント2021』エントリースタート 実力者が早くも参加表明

 

■コントと漫才で2冠

ビスケットブラザーズは、ともに吉本総合芸能学院(NSC)大阪校33期生のきんと原田泰雅が2011年に結成。主に原田の強烈なキャラクターを活かしたコントを得意としており、奇抜で予測不可能な展開ながらも、心温まるポイントが含まれた不思議な魅力で人気を博している。

昨年には「第9回ytv漫才新人賞決定戦」で漫才を披露して優勝しており、コントと漫才で2冠を達成することとなった。

なお、コンテストの模様はNHKプラスで配信予定。ビスケットブラザーズは来年1月14日に東京・ルミネtheよしもと、1月22日には大阪・よしもと漫才劇場で単独ネタライブも予定しており、こちらも注目だ。

次ページ
■「自信をもってやらせてもらいました」

新ネタドキュメンタリー MCRWへの道【Amazon】

NHKビスケットブラザーズきん原田泰雅上方漫才コンテスト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング