大谷翔平3試合ぶりのヒットで打率向上も… 注目の本塁打争いは3位に後退

3試合ぶりのヒットを記録した大谷選手。ネットでは、9回の故意死球に怒りの声が続出。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は17日(現地時間16日)、敵地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦にスタメン出場し、チームの勝利に貢献した。



 

■3試合ぶりのヒット

「3番・DH」でスタメン出場した大谷選手は、初回の第1打席にライトへの3試合ぶりとなるヒットを放ち復調ぶりをアピール。さらに先頭で迎えた5回の第3打席でもライトへのヒットを放ち、マルチ安打を記録した。

しかし9回6点リードの第5打席では、右ふくらはぎに死球。これが故意死球と見なされ、ホワイトソックスのマイク・ライト投手とトニー・ラルーサ監督が退場処分に。そのまま出場を続けたが、状態が心配される。

結局この日は4打数2安打1死球という結果、打率は2割5分6厘まで上げてきた。


関連記事:大谷翔平選手、2試合連続安打でチームも快勝 すでにファンは明日を心待ちに…

 

■本塁打争いは1本差の3位

注目の本塁打王争いだが、サルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)が17日に45本塁打を放ち、ウラジミール・ゲレロJr内野手に並んだ。

これにより、大谷選手は1本差の3位となる。残り16試合、本塁打王争いもゴールが見えてきたが自身の記録をどこまで伸ばせるのか。

次ページ
■次回登板は回避

自宅や仕事場でも…大谷選手の卓上カレンダー【Amazon】

MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王ウラジミール・ゲレロJrサルバドール・ペレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング