覆面とラバースーツで全身黒ずくめ 深夜うろつく不審な男に女性らが震撼

過去の事件では20代と30代の男の身柄が拘束されたが、いずれも証拠不十分で釈放されていた。

2021/09/18 08:00

幽霊・不審者・黒ずくめ・シルエット

イギリスのある村の人々は今、「全身黒づくめのアノ男がまた現れた。間もなく性犯罪事件が起きるのでは…」と恐怖と不安で震え上がっている。過去に2件の事件を起こしながら検挙されなかった男と、はたして同一人物だろうか。

なんとも不気味な話題を、『BBC』『LADbible』など同国のメディアが伝えている。



 

 

■相次いだ通報

イギリス・ブリストルのクラバーハムという村で9月1日の深夜、村民から「不気味な男がうろうろ歩き回っていて、行動が不審だ」という通報が警察に相次いで入った。

その誰もが、男は黒のラバースーツを着て黒いマスクを頭からすっぽりかぶっており、全身まっ黒。ライトが当たらない場所ではまったく目立たないなどと説明したという。


関連記事:「刺す感覚に興味があった」と嘱託殺人を快諾 19歳男が友人の父親を刺殺

 

■窓越しに他人の家をのぞく

通報した人たちは、男はカップルが暮らす家の中を窓越しにのぞき込んでいる、性的欲求不満を抱えた不審者のようだなどと説明。これによりエイボン・サマーセット警察の職員が出動したが、男を発見することはできなかった。

だが、彼らには思い当たる人物が1人いた。2年前にわいせつ事件を起こした、全身黒ずくめの「ギンプマン(gimp man/変態男)」と呼ばれた男だ。

次ページ
■過去の2件のわいせつ事件

ラバースーツ(キャットスーツ)女性用Sサイズ【Amazon】

マスクイギリス不審者のぞき自警団ラバースーツ翻訳記事変態男ギンプマンわいせつ事件サマセット・エイボン警察黒ずくめ性的欲求不満
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング