ヨドバシの商品説明、あまりにブッ飛んでいるが「何も間違ってない」と話題

ヨドバシカメラに突如出現したインパクトの強すぎるPOP。その内容に「これは分かりやすい」と反響の声が相次いでいるのだ。


 

■POPの裏に潜んでいたのは…

ヨドバシカメラ

この、分かる人は思わずニヤリとしてしまうPOP表記はツイッター上でも大いに話題となっており、ユーザーからは「やっぱヨドバシ分かってるなぁ」「こういう店が近くに欲しい」「ゲッターの説明、何も間違ってないのがまた面白いな」「ヨドバシのこういうネタ、本当に好きだわ」といった反響の声が続出している。

なお、こちらのゲッターが陳列されたスペースの付近には、「勝手に火星に行くゲッター」が霞んでしまうほどのインパクトを秘めた商品が展開されているのをご存知だろうか…。


関連記事:ヨドバシカメラ、異世界転生の痕跡が見つかる 3つのPOPを繋げて読むと…

 

■こっちもインパクトがスゴい

記者が現地をウォッチした9月13日時点では、付近に『機動警察パトレイバー』に登場する「AV-X0零式」のプラモデルが陳列されていたのだが、なんとこちらのPOPはキャッチコピーやメーカー名、さらには商品名までもが「BABEL BABEL BABEL」と、謎のフレーズの羅列となっていたのである。

もちろん同POPも、原作を知っている人ならば反応してしまうこと間違いなしな抜群の「小ネタ」であり、ヨドバシのこうしたツボを押さえたセンスの良さには舌を巻くばかりだ。

・合わせて読みたい→突如、ヨドバシに出現した「GW」 たった二文字に込められた意味が深すぎると話題

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

コッチは火星に行かない方!【Amazon】

ツイッターフィギュアプラモデル話題ヨドバシカメラゲッターロボ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング