東国原英夫、総選挙を前に野党へ提言 「本気で『政権を獲る』のなら…」

元宮崎県知事の東国原英夫が、来たる総選挙に向けて野党側に提言を行っている。野党共闘には「度肝を抜くような」ものが必要らしく…。

2021/09/18 19:30


 

■寄せられた意見はさまざま

これに対し、ユーザーからは「度肝を抜かれる程に堕落した今の政権与党」「これはどの政党にも言える。古いまま突っ走れるほど政治が遅くちゃ間に合わない」「共産党が政権獲るならこれしかないが、それをやると社民党の二の舞になる」とさまざまな意見が寄せられた。

野党への期待感、現体制の維持を望む声など、多様な民意がうかがえる。


関連記事:東国原英夫、麻生財務相の「コロナ収束」発言に驚き 「思わず椅子から転げ落ちた」

 

■どうなる総選挙

最大野党・立憲民主党は今月、コロナ対策の補正予算やLGBT平等法などを盛り込んだ次期衆院選での政権公約を相次いで発表。東国原が言及した共産党も、公式ツイッターで「政権交代をはじめよう」とのハッシュタグを用いるなど、自民党との対決姿勢を強めている。

自民党総裁選のメディア独占により、存在感が埋没していると指摘されている野党陣営。果たして、来たる総選挙で議席を伸ばすことはできるだろうか。

・合わせて読みたい→ビートたけし、自民党の次期総裁選にコメント 「菅総理かわいそうに」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

東国原英夫『ゆっくり歩け、空を見ろ』(新潮文庫)【Amazon】

政治選挙東国原英夫立憲民主党枝野幸男野党共闘志位和夫日本共産党解散総選挙衆議院総選挙
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング