不良グループに絡まれた息子を救おうとした父親 自身が瀕死の重傷を負う事態に

40代男性が少年たちに襲われ、意識を失い脳から出血するまで殴られ続けた。

2021/09/19 06:00

少年犯罪

まだ11歳という幼い息子が、年上の少年グループに絡まれたことを知りあわてて助けに行った父親が、すさまじい暴行を受けた。その結果、重傷を負い脳まで出血したこと、また少年3名が起訴されたことを、『The Sun』などイギリスのメディアが伝えている。



 

■息子のピンチにあわてた男性

イギリスで暮らす男性(46)はケアワーカーとして毎日まじめに働き、家では優しい父、そして愛情あふれる夫として家族と幸せに暮らしていた。

この男性が今年4月に自宅にいたところ、「おたくの息子さんが公園で暴力をふるわれている」「地面に投げ飛ばされた」という知らせが入り、大変なショックを受けたようだ。

「息子を助けなくては」。そう考えた男性はすぐに家を飛び出し、公園に向かって駆け出した。


関連記事:父親に殺されかけ瀕死の重傷を負った少年 警察官が養子に迎え家族の一員に

 

■重傷を負い大手術も…

公園に到着した男性が介入を試みたところ、少年グループは息子に絡むのをやめて男性に突進。息子が見ている前で容赦なく殴りつけ、意識を失い倒れ込んでもなお執ように暴行を加えた。

これにより男性の肺は傷つき、骨も何本か折れ脊椎も損傷した。また頭部のけがはとりわけひどく、脳が出血して危険な状態に陥ったという。事件後に病院に搬送された男性は手術を受け、数ヶ月の入院生活を経て専門家がいる施設に移った。

男性を襲った少年グループはその後すぐに特定され、うち3名が起訴された。年齢は、それぞれ14歳、15歳、そして17歳。いずれもまだ未成年であることから、氏名や家庭環境など詳細は伏せられている。

次ページ
■深い悲しみに耐える家族

屋外防犯カメラ ワイヤレス 32GSDカード内蔵【Amazon】

未成年骨折父親寄付家族手術暴行重傷起訴瀕死脊椎損傷翻訳記事脳出血
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング