張本勲氏、HR王黄信号の大谷翔平に「俺、泣いちゃう」 姿勢の変化に驚きの声も

アメリカンリーグのホームラン王争いで3位に後退した大谷翔平選手。張本勲氏はその現状を悲しんでいるようで…。

2021/09/19 11:05

張本勲・大谷翔平

19日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がホームラン王争いを繰り広げる大谷翔平選手にエールを送った。



 

■大谷選手の近況を放送

番組は大谷選手の近況を紹介。18日の試合をVTRで振り返ったあと、司会の関口宏がアメリカンリーグのホームラン王ランキングが書かれたフリップを取り出す。

そこにはウラディミール・ゲレーロJr選手とサルバドール・ペレス選手に続く3位に後退した旨が記載され、関口は「ちょっと心配。ホームランが最近出ないんですよ。今3位になっちゃいました。2本差か、トップとは。張さん、これはなんでしょうね? ホームランが出ないのは」と質問した。


関連記事:張本勲氏、大谷翔平を称賛もアメリカ野球をバッサリ 「レベル落ちた」

 

■不調の原因を分析

張本氏は「まず形が崩れてますよ。バッティングの形が。右足を先に出すでしょ。右足を見てください。出し方が遅かったり、早かったり、するんですよ」と指摘。

関口は「よくわからないなあ」とつぶやくが、「早いと体重がピッチャー方向に行くから、手前の変化球が空振り、こういう形になるんですよ。良いときはね、先に右足を出しても間があって。その間が0.2ぐらいの時間だけども、ボールを探して打っていたんですよ。探して打つのと、探しながら打ちにいくのとでは、もう天と地の差があるから」と解説した。

次ページ
■「俺、泣いちゃう」

大谷翔平モデル NIKE Tシャツ【Amazon】

TBSメジャーリーグ大谷翔平張本勲関口宏サンデーモーニングホームラン王アメリカンリーグ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング