内村光良、TBS楽屋で感じたコンビ格差を明かす 「南原のほうが…」

演技・歌・MCと、長きに渡ってマルチに活躍してきたウッチャンナンチャンの内村光良。しかし、相方・南原清隆とは“コンビ格差”を感じていたようで…。

2021/09/19 16:20

ウッチャン式

19日放送の『ウッチャン式』(TBS系)で、MCのウッチャンナンチャン・内村光良が“コンビ格差”を感じた過去を明かした。



 

■TBSを散歩

今回は「散歩番組×正義のツッコミ+フォロー=???」という式を解くべく、ウエストランドの井口浩之がブラックマヨネーズ・小杉竜一、スピードワゴン・小沢一敬とTBS社内を散歩することに。

局内を歩きながら井口がさまざまな場所にツッコミを入れ、小沢が優しくフォローしていくというVTRが繰り広げられていく。


関連記事:オードリー若林は南原清隆の新相方? キャイ~ン・天野ひろゆきが太鼓判

 

■コンビで使っていた楽屋が…

一度スタジオでのトークが挟まれると、内村はTBSにまつわる思い出を回顧。「TBSはね、俺はだいたいB1」と、B1化粧室と呼ばれる部屋を楽屋に使っていたことを明かす。

ここで実際の画像が表示され、B1化粧室には手前と奥に小部屋があることが視聴者に伝えられる。内村はさらに、「手前側が俺で、奥側が南原(清隆)だったんだよね」とコンビでそれぞれの小部屋を使っていたと振り返る。

次ページ
■「南原のほうが…」

内村さまぁ~ず Secondシーズン6【Amazon】

テレビTBS日村勇紀小沢一敬内村光良南原清隆ウッチャンナンチャン小杉竜一井口浩之ウッチャン式
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング