すき家、大復活した「豚丼」が話題 さらにウマさ爆上げできる“卓上の裏ワザ”も…

すき家で復活を遂げた「豚丼」。記者はこの豚丼を豚しゃぶに魔改造させる荒業を実践した。

すき家

すき家で2年ぶりに復活となった「豚丼」(とんどん、380円)がネットで「復活したのか!!」「復活して超うれしい」と話題を呼んでいる。しらべぇ記者は早速その味を確かめるため、店舗へ直行した。


画像をもっと見る

 

■救世主、豚丼

すき家

2004年、BSE問題で牛肉が調達困難になり、国内の牛丼チェーンでは牛肉料理が次々販売休止となった。そんな中、代替商品として各社に登場したのが豚丼。

当初は「牛丼の代わりにはならない」と不評だったが、牛丼に比べて安価で、牛肉より脂身があっさりで食べやすいということから次第にファンを獲得した。牛肉の輸入再開に伴って各社販売を終了するも、その後何度か復活を遂げ、豚丼フリークを喜ばせてきた。


関連記事:松屋の新メニュー、味は最高だが値段に違和感 「10年前」と比較して確信に変わる

 

■豚丼の思い出

すき家

記者もそんな一人。学生時代、各社の豚丼を食べまくった記憶がある。

当時の吉野家の「豚丼」(ぶたどん)はゴボウも一緒に煮込まれた上品な味だったし、各種無料ソースが多彩な松屋では「豚めし」のアレンジを楽しんだ。しっかり煮込まれコクが出ていたすき家の豚丼は価格300円程度と、懐に優しい商品だった記憶がある。

次ページ
■安定のウマさだ!

記者も愛用する“自宅用”すき家の牛丼【amazon】

グルメ牛丼すき家新商品豚丼外食チェーン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング