大谷翔平選手、4打数ノーヒットでチームは大敗 熾烈な本塁打王争いは…

大谷翔平選手、9試合連続ノーアーチ。ネットでは、状態の悪さを心配する声が続出…。


 

■熾烈な本塁打王争いの行方

注目の本塁打王争いは、サルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)が21日に46号本塁打を放ち、再びウラジミール・ゲレロJr内野手に並んだ。

これにより、大谷選手は2本差の3位。シーズン終盤、激化する本塁打争いに食らいついてほしいところだ。


関連記事:大谷翔平、2試合連続ノーヒットで打率は2割5分5厘 ファンからは不安の声も

 

■状態の悪さを心配する声も

なかなか本塁打が出ない大谷選手にネットでは、「かなりブレーキがかかっているなぁ」「ときどきヒット打つけど調子が戻らない」といった心配の声が続出。

他には、「ホームラン争いはトップ2人と2本差か。まだまだ分からないよ」「この差ならすぐに追いつける」など、日本人初となる本塁打王獲得を後押しするコメントも多く見られた。

・合わせて読みたい→大谷翔平選手、完璧な当たりの42号本塁打 「ホームラン王にまた一歩近づいた」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

気になる大谷選手の素顔とは…【Amazon】

MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王ウラジミール・ゲレロJrサルバドール・ペレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング