大谷翔平選手、4打数ノーヒットでチームは大敗 熾烈な本塁打王争いは…

大谷翔平選手、9試合連続ノーアーチ。ネットでは、状態の悪さを心配する声が続出…。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は21日(現地時間20日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたヒューストン・アストロズ戦にスタメン出場した。



 

■得点につなげることは…

「3番・DH」でスタメン出場した大谷選手。初回の第1打席は、2死無塁、フルカウントからの6球目を打つもファーストゴロに倒れる。続く第2打席も見せ場なく凡退。

2点ビハインドで迎えた6回1死1塁の第3打席は、ボールをしっかり見極めてフルカウントまで持ち込むも、6球目の外角への変化球に手を出して三振に切って取られる。そして最後の打席となった8回の第4打席、初球を狙い撃つもセンターフライに打ち取られ、得点につなげることができなかった。


関連記事:大谷翔平3試合ぶりのヒットで打率向上も… 注目の本塁打争いは3位に後退

 

■9試合連続本塁打なし

結局この日は4打数ノーヒットで、打率は2割5分5厘。11日に44号本塁打を放った大谷選手だが、その後は9試合連続本塁打なし。

これで9月の成績は、打率1割9分、2本塁打。6、7月の2カ月間で合計22の本塁打を記録した頃の状態と比べると、悪くなっているのは確か。残り12試合で不調を脱することはできるのだろうか。

次ページ
■熾烈な本塁打王争いの行方

気になる大谷選手の素顔とは…【Amazon】

MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王ウラジミール・ゲレロJrサルバドール・ペレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング