胎児の頭が出てきて妊娠自覚した女性 クリプティック・プレグナンシーとは

退院後は、育児用品の買い出しや子供部屋の準備などを急ピッチに進めねばならず、大変そうだ。

2021/09/22 14:00

出産・赤ちゃん

ニュージーランドでこのたび、ある女性が驚きの出産を体験した。赤ちゃんが出てくるまで妊娠に気づかなかったというのだ。にわかには信じがたい話題を、海外メディアの『The Daily Star』や『nzherald.co.nz』が報じている。



 

■ストレスのせいと信じ込む

ニュージーランドに住むカーラ・アクハタさん(41)という女性は、以前から体のだるさや胃の不調を感じていたものの、おそらく仕事のストレスによるものだろうと思い、あまり気に留めていなかった。

だがある晩、いきなり言葉にできないほどの痛みとけいれんのような感覚に襲われ、カーラさんはただちに横になった。


関連記事:妊娠・出産する子供たち 「お腹はへこむと思った」という少女や暴行被害者も

 

■「奇跡の子です」

しばらくすると、股間に強い違和感を覚えたカーラさん。赤ちゃんの顔らしきものが出てきて、そこで自身の妊娠にやっと気付いたという。自宅の寝室ではあったがお産は順調に進み、カーラさんは無事元気な赤ちゃんを出産。男の子で、タマランギくんと名付けられた。

「突然の出産にはかなり驚かされました。この子は奇跡の赤ちゃんです」とメディアに語っている。

次ページ
■女性の母親も驚愕

妊娠検査薬 チェックワン 2回用【Amazon】

出産奇跡妊娠ストレス救急車肥満話題胎児ニュージーランドつわり無月経翻訳記事クリプティック・プレグナンシー多嚢胞性卵巣症候群稀発月経
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング