失業した父親が2歳息子の喉を切り殺害 「家族を養えない」と絶望の末か

かわいがっていた幼い息子を道連れに自分もあの世へ? 無理心中の可能性も否定できないようだ。

2021/09/22 05:15

落ち込み・絶望・失望

一家の大黒柱だった男が、かわいい盛りの2歳の息子を殺害し、そのまま行方をくらませてしまった。家族の話から、男は失業したばかりで途方にくれていたことがわかったという。悲しい事件の話題を『Yahoo! News/Singapore 』『Times Now News』などの海外メディアが報じた。



 

 

■2歳息子を殺害し逃亡

インド・テランガーナ州で17日、父親が自宅で2歳の息子の喉をナイフで切りつけ、殺害するという事件が起きた。現場は、ハイデラバードの中心部にも近いランガーホーツ地区の民家。警察が逃走した父親の行方を追っている。

なお、残された家族のプライバシーを重んじ、父親の名はハシーブとだけ明らかにされた。


関連記事:ゲームでレベル達成ならず「ムシャクシャした」 隣人皆殺しの男に実刑判決

 

■犯行動機は不明のまま

警察は男児の母親に聞き取りを行った。彼女は夫のハシーブについて、数ヶ月前に健康上の問題が発覚して最近になり仕事を失い、一家の大黒柱として家族を養っていけそうにないと、苦悩していたことを話した。

しかし父親は事件の直後に行方をくらましており、その前には家族に何も話していなかったため、直接の犯行動機はいまだ不明だ。

次ページ
■病気と失業とストレスと…

盾と矛 2030年大失業時代に備える「学び直し」の新常識【Amazon】

インド父親病気息子虐待失業殺人事件逃走大黒柱家庭内暴力無理心中新型コロナウイルスパンデミック翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング