愛玩用ミニブタを食べた疑惑の日本人YouTuber 「愛情のかけらもない」と大炎上

毎日世話をしていれば愛情が湧き、愛おしくなるはず。そのミニブタは今、本当に生きているのだろうか。

2021/09/22 18:00

ミニブタ・ペット・豚

YouTuberとして活動中の日本人男性が撮影した動画が今、英語圏で大変な物議を醸している。視聴者を「なんと冷酷なんだ」と炎上させていることを、『Oddity Central』などの海外メディアが報じた。



 

■愛玩用ミニブタを殺して調理

今年5月、ある日本人男性が『100日後に食われるブタ』というタイトルの動画をYouTube上にアップした。動画は本当に小さなときに飼い始めたミニブタを、100日目に殺して食べるという内容で、海外にもまたたく間に拡散した。

まだ幼く、かわいらしいミニブタを迎え入れた初期のほのぼのとした動画が人気を集め、フォロワー数は10万近くにのぼり、再生回数は100万回以上を記録していた。


関連記事:ガンバレルーヤ・よしこ、ミキ・昴生のセクハラを告発? 「ブタ箱に突っ込んでくれよ」

 

■ついに100日目…

男性はごはんやおやつを与え、ミニブタと一緒に遊び、散歩をし、雷の音に怯えている様子などを動画にして毎日アップ。よくなでられ、同じ布団に入って腕枕で眠るなど、ミニブタは完全に男性になついている様子だ。

しかし、タイトルのとおり飼育から100日目を迎えると男性は豹変。ミニブタの死骸が入った段ボールは、フォロワーを驚愕させた。

屠殺後、包丁で切り分けられたミニブタは、屋外のグリルで丸焼きに。男性は、手を合わせてから食べており、なんとミニブタの遺影も用意され、前には線香が炊かれていた。

次ページ
■「お騒がせしました」と再登場

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

動物YouTube日本人ペットYouTuber虐待毛皮屠殺翻訳記事100日後に食われるブタ子豚革製品
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング