ハンバーガーに人の指が混入… 奇妙な歯ごたえを忘れられない客がトラウマに

店側は謝罪や補償により解決したと思っても、あり得ない異物混入を経験した被害者側には強いトラウマが残る。

2021/09/24 05:45

ハンバーガー

購入した食べ物に髪、紙、虫や金属片などが混入し、口に入れた顧客をぞっとさせた、歯が欠けて激怒させたといった話題は多い。また、まれには「人の指」が入っていたというケースも。

ボリビアでこのたび、1人の客がハンバーガーショップで身震いするような恐怖の体験をした。『Mail Online』『NEW YORK POST』ほか英米のメディアが続々と報じている。



 

 

■奇妙な歯ごたえに気づく

この話題は、ボリビア第二の都市とされるサンタクルス県のサンタ・クルス・デ・ラ・シエラ市から伝えられた。問題の店は『Hot Burger』という、市内に複数店舗が展開されているチェーン系ハンバーガーショップだ。

異物混入の被害にあったエステファニー・ベニテスさんという女性は、ある店舗でこのほどハンバーガーを購入。食べている最中に、ふと奇妙な歯ごたえを感じたという。


関連記事:ドムドムバーガーを進化させすぎた新店「ツリツリ」 ハイレベルながら違和感も

 

■半分にちぎれた人の指

それは細長い塊で、表面には弾力性があるが、太い「芯」の存在を感じるものだった。エステファニーさんは、いつものハンバーガーのパティではないと確信し、あわてて口から吐き出した。

混じっていたのは薄茶色をした長さ数センチの物体で、公開された写真からも、半分にちぎれた人間の手の指であることがわかる。

次ページ
■スタッフが指を切断する事故

ミートガイ クラシックハンバーガーセット 4人前【Amazon】

ハンバーガー話題異物混入トラウマ切断パティハンバーガーチェーン翻訳記事ボリビア歯ごたえHot Burger
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング