家族旅行で船が大破 子供2人を生かすため母乳を与え続けた母親が死亡

自らの命と引き換えに、子供を救った勇敢な母親。最大の愛情を引き継いだ子供たちには、強く育ってほしい。

2021/09/24 16:00

船・船旅

楽しい家族旅行になるはずが、一家を大惨事が襲ってしまった。命がけでわが子を守り続けた勇敢な母親の行動を、アメリカの『Newsweek』や『NEW YORK POST』ほか海外メディアが報じ、人々の称賛と涙を誘っている。



 

 

■家族で船の旅へ

3日、ベネズエラに住むマリーリー・チャコンさん(40)は、夫のレミス・クランバーさん、息子のホセ・デイヴィッドくん(6)、そして娘のマリア・ベアトリス・カンブラー・チャコンちゃん(2)とともに、船での家族旅行に出発した。

船はビーチがひときわ美しい人気リゾート地のトルトゥーガ島に向け、ミランダ州にあるイゲローテという街から出港。乳母のヴェロニカ・マルチネスさんと一家の友人、乗員たち複数人が乗船していたという。


関連記事:2ヶ月も子供と会えない… 海を守る自衛官ママの言葉に反響

 

■船は荒波の中へ

だが出港から数時間たった夜、海は大しけとなり、船は大きく揺れて大破。乗っていた全員が海へと投げ出される惨事に見舞われてしまった。

マリーリーさんは荒れ狂う波の中でも、必死にホセくんとマリアちゃんの体をつかんだ。そこに空のクーラーボックスが流れてきたため、子供たちをそれにつかまらせ、乳母のヴェロニカさんとともに、今か今かと救助を待ち続けたという。

次ページ
■子供たちを助けようと

ちょっと理系な育児 母乳育児編【Amazon】

旅行子供ビーチ母乳家族話題GPSリゾート脱水症状ベネズエラ発煙筒大破翻訳記事海難救助隊救難隊荒波
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない