壁内に残された人形と手紙 「前の住人は殺した」のメッセージに入居者が驚愕

「前の家主を刺し殺しちゃった」という手紙を持った人形が、なんと壁の奥に…。

2021/09/24 19:00

壁・穴

新居の壁を見てふと不思議な点に気づいた男性が、小さな穴を開けて内部を確認してみることにした。すると中には、手紙を持った人形が…。その気持ち悪すぎる内容について、『New York Post』などの海外メディアが紹介している。



 

■家を購入した男性

イギリスの小学校で教師として働くジョナサン・ルイスさん(32)が、家を購入してそちらに引っ越した。そこでさっそく家の中を点検して回ると、壁からワイヤーが1本飛び出していることに気づき、不思議に思ったという。

「この壁の内側は、いったいどうなっているのだろう」とどうしても気になったルイスさんは、壁を少しだけ壊して中を確認してみることにした。


関連記事:パブ改装中に嬉しいサプライズ 大昔のオーナーが隠したタイムカプセルを発見

 

■壁の内側にあったのは…

壁の内側が空洞だったおかげで、簡単に穴を開けることができたルイスさん。さっそくその小さな穴から中をのぞいたところ、布製の人形が置かれていること、そしてその手に一通の手紙が置かれていることに気がついた。

人形を取り出し手紙に目を通したルイスさんは、「私を自由にしてくれてありがとう!」という言葉で始まる内容に腰を抜かした。

次ページ
■手紙の内容に震撼

北野誠・大島てる・村田らむ『実録怪談 最恐事故物件』【Amazon】

引っ越し手紙人形新居刺殺悪ふざけ翻訳記事持ち主ワイヤー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング