飛び降り自殺が増加傾向の米国 若い男性が12階下にいた男性を巻き添えに死亡

映画やドラマを見ていると、アメリカ人は自殺の手段に拳銃を選びがちといった印象があるが…。

2021/09/24 06:00

飛び降り自殺・飛び降り

このほどアメリカ・ニューヨーク州で、1人の男性がビルの屋上から投身自殺を図った。高いところから飛び降りてあの世へ逝こうとする人は、天を仰ぐことはあっても、下に人がいないかを確かめるほど正常な精神状態にはない。何の罪もない男性が巻き添えになったことを『NBC News』『abc News』などが報じた。



 

 

■「事件性はない」と警察

ニューヨーク市のすぐ北に位置するニューヨーク州のヨンカーズ。ここのローカストヒル通りに立つ共同住宅「Cromwell Towers By」で、20日午後6時前、25歳の男性が飛び降り自殺を図り死亡した。

現場の状況や遺品などから、ヨンカーズ警察は「事件性はなく、自殺と考えられる」と発表している。


関連記事:非番の消防隊員が職場で同僚1名を殺害 逃走の果てに自宅で自殺図る

 

■赤の他人を巻き添えに

屋上から飛び降り、12階分下にある駐車場に落ちた男性の体は、そこにいた61歳の男性を直撃。巻き添えとなったこの男性も、現場で死亡が確認されている。

男性2名の身元については一切明らかにされていないが、警察は「それぞれの遺族から話を聞く限り、両者は顔見知りではない」としている。

次ページ
■被疑者死亡につき不起訴に

雨宮 処凛 『自殺のコスト』【Amazon】

駐車場アメリカニューヨーク自殺不起訴首吊り自殺ヒル重過失致死罪巻き添え飛び降り自殺投身自殺翻訳記事拳銃自殺
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない