山口もえ、『ダウンタウンDX』収録中に老眼が発覚 「ちょっときてます」

台東区の観光大使を務める山口もえが浅草の魅力を紹介。しかし、名刺に記された字に苦戦する姿を見せ…。

2021/09/24 08:15

山口もえ
(写真提供:JP News)

23日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、タレントの山口もえが収録中に老眼を思わせるようなしぐさを見せた。



 

■浅草の魅力を紹介

番組では、東京の魅力を徹底調査することに。そんな中、伝統ある江戸の下町として海外からの人気も高い、日本随一の観光スポットである浅草の魅力を紹介。

なお、浅草といえば古風、老舗といったイメージが強いが、現在は雷門より南のエリアが若者に人気のエリアとして生まれ変わっているとのこと。

オシャレなカフェやショップが続々と出店していて、その町並みは下町の代官山とも呼ばれるほどだという浅草。スタジオでは、そんな浅草の魅力を山口が語ることとなった。


関連記事:かわいすぎる観光大使が千代田区に誕生! リラックマがたすきを掛けられご満悦

 

■台東区観光大使の山口もえ

なお、山口は台東区の観光大使でもある。この事実にダウンタウンの浜田雅功が「あなた観光大使もやってるんですか?」と驚くと、山口は「そうなんです!」と頷き「わたくしこう見えても、台東区の観光大使をしておりまして」と話す。

さらに「名刺もあるんですけど…」と続ける山口は、自身が台東区の観光大使であることを証明する「たいとう観光大使」という肩書きの付いた名刺を見せ、「よかったら後でお渡しいたしますね」と宣伝した。

次ページ
■魅力語り中に「ちょっと待って」

FaceTrick az Label カッコいい・かけやすい老眼鏡【Amazonでチェック】

テレビ浅草日本テレビ台東区ダウンタウンDX山口もえ老眼観光大使
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング