「コロナ感染したい」と明かしていた女性 願いが叶うも予想以上の苦しみに消沈

ウソを拡散していた女性が感染し、つらい症状に必死に耐える日々を過ごしている。

2021/09/25 06:30

体温・風邪・新型コロナ

新型コロナウイルスの怖さを信じず、「ぜひ感染して『大したものではない』と証明してみせたい」とまで言っていた20代の女性。その後に感染し「苦しいの、私のために祈って」とインターネットに書き込んでいることを、『Miami Herald』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■新型コロナを甘くみていた女性

アメリカ・フロリダ州で暮らす女性(28)は以前から新型コロナウイルスを甘くみており、ワクチンについても「接種はしない」と周囲に明かしていた。

女性の言い分は「コロナなんて食中毒のようなもの」というあきれたもので、過去にはSNSに「コロナに感染したいわ」「だって証明したいんだもの、大げさに騒がれているコロナウイルスより、食中毒のほうがよほど怖いってことをね」などと書き込んだこともあった。


関連記事:「コロナによる肺の不調」と誤診された女性 ようやく受けた検査で末期がんと判明

 

■感染して体調が悪化

嘘を拡散し多くの人に影響を与えたこの女性が、希望通りに新型コロナウイルスに感染して体調を崩した。

女性は「昨日調子が悪くなったの」とネットに書き込み、「熱が出て寒気がするほか、鼻水が止まらず喉も痛い」「吐き気と体の痛みもある」とも付け加えて、つらい症状に耐えていることを公表した。

「まるでバスにひかれたかのような苦しみ」という言葉で症状を説明した女性は、「数時間眠って目覚めたとき、数年前にかかったインフルエンザのひどい症状を思い出した」とも書き込んでいる。

次ページ
■「私のために祈って」という女性

新型コロナウィルス抗原検査キット【Amazon】

SNSインフルエンザ食中毒体調祈り感染新型コロナウイルス翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング