我が子の名前に最強の大統領の名を… 夫婦が申請するも「使用禁止」と却下に

日本でも、名前に使用できない漢字や似た漢字が多数ある。赤ちゃんの名付けには注意が必要だ。

2021/09/26 14:50

出産・夫婦・子供・赤ちゃん

子供の一生を左右するといっても、過言ではない名前。親は生まれる前から我が子の名前を必死に考えるものだ。このたび、ちょっと目立つ名前を付けようとした北欧の夫婦が話題になっていることを、イギリスの『INDEPENDENT』や『Daily Mail』が報じている。



 

■その名も「プーチン」

一歩間違えれば、からかいの対象になってしまうこともある名前。運勢を気にして、姓名判断や占いに頼るという人も多い。

スウェーデン・ハッランド県のラホルムに住む夫婦は、生まれたばかりの我が子を前に、強運や成功につながるような名前をと考えていたが、思いついたのは「ウラジーミル・プーチン」。ロシア連邦の最強の大統領から名前をもらおうと決めたのだった。


関連記事:公務員男性が我が子に部署名を命名 「統計情報通信部くん」に決まり妻は絶句

 

■夫婦は税務庁へ

スウェーデンでは、子供が生まれた日から3ヶ月以内に、人口の登録管理を行っているスウェーデン税務庁(Skatteverket/スカッテウェルケト)に命名の申請をしなければならない。

夫婦はストックホルムにあるスカッテウェルケトへ出向き、産まれた子の名前を「ウラジミール・プーチン」と登録しようとした。

次ページ
■不快感を与える…?

たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典2021〜2022年版【Amazon】

占い赤ちゃんマイケル・ジャクソン名前話題大統領ロシアスウェーデン姓名判断ウラジーミル・プーチングーグル名付け薔薇翻訳記事フォードピルスナー人名アッラーメタリカ税務庁
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング