態度の悪い生徒に教師が暴言 停職処分が下るも保護者からは擁護の声が噴出

荒れる生徒たちの言動に、評判の良い先生も我慢の限界。ついに怒鳴り散らしてしまった。

2021/09/26 19:20

教師

ある集会の最中に、態度が悪い生徒たちに男性教師がブチ切れた。怒りをコントロールできなくなった教師が驚くような言葉まで放ってしまったこと、そしてそのせいで厳しい処分を下されたことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えている。



 

■荒れる生徒のため開かれた集会

イギリスのエセックスにある学校で、15~16歳の生徒たちの一部がやけに荒れている。具体的に何をしたかについては伏せられているが、その行動や態度について話し合う目的で、先日は緊急集会まで開かれた。

その場にいた教師のひとりは、しばらくのあいだ生徒たちの様子を静観。必死に我慢していたとみられているが、ある瞬間についに堪忍袋の緒が切れてしまったようだ。


関連記事:体調不良の相談を教師が「薬を買えば?」と一蹴 修学旅行先で生徒が死亡する悲劇

 

■ブチギレした男性教師

男性教師はいきなり血相を変えて怒り始め、問題のある生徒たちに対し「おまえらは卑怯者だ」「この馬鹿どもが!」などと暴言を連発し、怒鳴りつけてしまった。

この発言について知った学校の上層部は、ただちに調査を開始。教師には停職処分を下したことから、経緯も含めすべてが生徒や保護者たちにも伝わった。

次ページ
■学校側の決断

弁護士と精神科医が答える 学校トラブル解決Q&A【Amazon】

学校暴言教師生徒調査保護者擁護停職処分翻訳記事集会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング