家は全焼しても無傷だった婚約指輪 「悲劇を最高のものに」と火災現場でプロポーズ

隣人らはその後、「生活を立て直すために役立てて」と、クラウドファンディングを設立してくれたそうだ。

2021/09/26 11:30

プロポーズ・結婚指輪

アメリカのある民家でこのたび自宅が全焼する火災が発生し、そこに暮らしていたカップルはすっかり意気消沈。しかし、ある発見が瞬時にふたりを笑顔に変えたという。ちょっとユニークなプロポーズストーリーを、『Daily Mail』や『CBS 8News』など英米のメディアが報じている。



 

■新築で火災に

4日の午後6時半頃、ノースカロライナ州のフキーバリナという町で、民家を全焼する火災が発生した。この家に住んでいたのはショーン・マシューさんとケリー・スタンレイさんというカップル。完成から1年未満の愛の巣だった。

火災が発生した当時、ふたりはディナーのために外出しており、隣人から「自宅の裏から出火している。早く帰ってきて!」と連絡が入ったそうだ。


関連記事:「隣人を救うため命をかけた」と英雄を装った男 正体は放火犯と判明

 

■ペットの救出を隣人に依頼

ショーンさんとケリーさんの頭には、自宅で留守番をしている13歳のメンフィスというペットの犬のことがよぎった。

またその日はたまたまガレージの鍵をかけていなかったことも思い出し、隣人に「メンフィスの救出を」と依頼。急いで自宅に戻り、さらなる延焼や爆発を防ぐためガス管を遮断し、全員で消防隊の到着を待った。

次ページ
■彼氏は真っ先に耐熱金庫へ
結婚アメリカペットプロポーズ話題婚約指輪新築ディナー火災婚約アラーム翻訳記事金庫煙感知器
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング