取引先からワクチン未接種者へ“通達” 打たざるを得ない状況、どうすれば…

様々な事情でワクチンを打てない・打つことをためらっている人も。もし、強制的に打たざるを得ない状況になってしまったら…。

2021/09/27 06:00

疲れ

新型コロナウイルスワクチン接種が進む中、体質など様々な事情からワクチンを打つことができない人や、打つことをためらっている人への配慮は課題になっています。もし、強制的に接種せざるを得ない状況になった場合、どうすれば良いのでしょうか…。



 

■取引先からの通達

弁護士・齋藤健博先生

相談者は、仕事の取引先から「ワクチン未接種者は打ち合わせに来ないでください」と通達があったといいます。これは、法的に何か問題はないのでしょうか。齋藤健博弁護士によると…

齋藤弁護士:違法とまでは言えません。先方には、協議相手を選ぶ自由、判断や意思決定の自由があります。意思決定の自由をもちいて、ワクチン未接種者との接触を回避する判断に対し、協議のテーブルに応諾することを強制することは極めて難しいと思われます。


関連記事:企業の採用面接 応募者に「ワクチン接種の有無」を聞いても問題ない?

 

■相談者は「できれば打ちたくない」

しかし、相談者は「私はできればワクチンを打ちたくなかったのですが、この取引先は自社の最大の取引先で、社内の雰囲気的に打たないという選択肢はほぼ難しそうです…」と、接種をためらっている様子。

また、「上司や同僚からもの無言の圧力」を感じているそうで、「もしワクチン接種を行い後遺症や、最悪死に至ってしまった場合などは、取引先や私の会社の社長など、誰かに責任をとってもらうことはできるのでしょうか…?」と、不安な胸の内を打ち明けています。

次ページ
■接種は「強制されるものではない」

新米 特A コシヒカリ 常陸小田米【Amazon】

弁護士社会法律コラムハラスメント話題テレワーク齋藤健博新型コロナウイルス新型コロナウイルスワクチンワクチンハラスメント
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング