『イッテQ』本番で手が震えたみやぞん その後放った「ひと言」がさすが…

バイオリンを始めてからわずか3ヶ月で、葉加瀬太郎の『エトピリカ』習得に挑んだみやぞん。本番終了後、スタッフたちの前でつぶやいた言葉が深い…。

2021/09/27 13:00

ANZEN漫才・みやぞん
(写真提供:JP News)

26日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、ANZEN漫才のみやぞんが、バイオリンに挑戦。本番で手が震えてしまい、その悔しさを滲ませる収録終了後の様子が反響を呼んでいる。



 

■3ヶ月で『エトピリカ』演奏目指す

以前からバイオリンをやってみたいと話していたみやぞん。10万円の初心者用のバイオリンを自腹で購入し、葉加瀬太郎の『エトピリカ』を3ヶ月間でどこまで習得できるか挑戦した。

講師によると、初心者が『エトピリカ』を演奏できるようになるには、毎週レッスンに通って3年はかかるという。ところが、みやぞんは開始わずか10分で音階を弾けるようになり、2日後には『きらきら星』をマスターするなど、その才能を発揮していく。

しかし、名曲『エトピリカ』には、みやぞんも「次元が違う」と苦戦。途中、葉加瀬を意識してパーマをかけたり、お米も「あきたこまち」から「ゆめぴりか」に変えるなどしつつ、3ヶ月間練習に打ち込んだ。


関連記事:『イッテQ』みやぞんの名言に称賛 努力で出した結果は「奇跡」ではなく…

 

■スタジオでの本番で手が震え…

本番直前、バイオリンの難しさを痛感したみやぞんは、「バイオリンって、スゴい上手い人しか演奏していないんですね、世の中」とつぶやく。

内村光良ら共演者や観客が見守るスタジオで3ヶ月間の成果を披露するも、緊張のあまり途中から弓を持つ手が震えだしてしまう。

演奏を終えたみやぞんに、共演者たちは「すっごい伝わってきた」「すごい、努力が聴こえてくる」「3ヶ月やで!? すごいで!」と言葉をかけるが、「僕的には今までで一番悪い演奏でした」とみやぞんは悔しさを滲ませていた。

次ページ
■「必死」になった時点でダメ

みやぞんが練習中に食べていた…北海道産ゆめぴりか【Amazon】

テレビ世界の果てまでイッテQ!みやぞん内村光良ANZEN漫才世界の果てまでイッタッキリヴァイオリン葉加瀬太郎エトピリカ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング