長距離夜行バスで車掌と乗客の男がグル 母親と14歳娘が性犯罪の被害に

インドでは、たとえ3人連れでも、非力な女性たちの夜行バス利用は危険なのだろうか。

2021/09/28 05:15


 

 

■少女を狙っていた車掌

バスは、アグラに近いある休憩所に到着。母親はトイレを利用するため降車したところ再びバブルーに絡まれ、体に触れるなどしてきたためあわててバスへ。すると娘がバスの後方から現れ、泣きながら「車掌に性的暴行を受けた」と告白してきた。

母親は警察に通報すると訴えるも、バスの運転士はそれを無視して休憩所から発車。この事件ではアンシューとバブルーがグルだったことが判明しているが、こうしたことから運転士にも疑惑の目が向けられている。


関連記事:恋人による娘への暴行を黙認した母親 12歳少女の出産で明るみになり両者逮捕に

 

■3人連れでも危険なのか

シコハバードでバスを降りた一行は、ただちに警察署へ向かい、さらに身体検査のため病院へ。警察は車掌のアンシューとバブルーを逮捕し、そのバスを利用した他の乗客から証言を集めている。

何十人乗っていても、熟睡している乗客たちはほとんど頼りにはならない夜行バス。非力な女性たちの利用は、「たとえ3人連れでも危険なのか」と国内でも不安が広がっている模様だ。

・合わせて読みたい→志らく、5歳男児の送迎バス死亡事件に絶句 「言葉が見つからない」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

小川かりん『夜行バスで出かけましょう』【Amazonでチェック】

インド車掌夜行バス高速道路性的暴行身体検査被害届翻訳記事長距離バストイレ休憩
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング