長距離夜行バスで車掌と乗客の男がグル 母親と14歳娘が性犯罪の被害に

インドでは、たとえ3人連れでも、非力な女性たちの夜行バス利用は危険なのだろうか。

2021/09/28 05:15

夜行バス・深夜バス

深夜、長時間にわたり同じ空間を共有するだけに、絶対に安全な乗り物でなければならない長距離夜行バス。インドのそんなバスの車内で、このほど許しがたい性暴行事件が発生した。『Times of India』『Times Now News』など同国のメディアが報じている。



 

 

■被害者はふたりの女性

事件は20日の深夜、30人ほどの乗客を乗せてニューデリーを発ち、ヤムナ高速道路を利用してウッタルプラデーシュ州のカンブールに向かう超長距離の夜行バスで起きた。

被害者は乗客だった女性とその14歳の娘。母と娘はニューデリーのバダープールに暮らす18歳のめいを連れ、ウッタルプラデーシュ州フィロザバード地区の自宅に戻るところだった。


関連記事:「人前でイチャつくな!」 カップルにブチ切れ説教した中年男性に賛否両論

 

■母親を狙っていた男

安全を考え、女性たちは車内の前方に座っていたが、出発してしばらくするとアンシューという名の車掌が母親に近寄り、「後方の席へ」と移動を促していた。

移動すると、そこにはバブルーという男がおり、持っていた酒を執ように勧めてきたといい、母親はそれを窓から捨て元の席に戻って行った。

次ページ
■少女を狙っていた車掌

小川かりん『夜行バスで出かけましょう』【Amazonでチェック】

インド車掌夜行バス高速道路性的暴行身体検査被害届翻訳記事長距離バストイレ休憩
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング