性行為を隠し撮りし脅迫するも… 結婚を拒否された同性愛者がターゲット男性を殺害

楽しい時間を一緒に過ごし、軽い気持ちで男性同士の性行為に応じてしまった男性。それが全ての間違いだった。

2021/09/29 10:30


 

 

■執ように脅した男

父親の営むカーアクセサリー製造会社で働くムルガンさんは、動揺して携帯電話を変更するなどしたが、男はすぐに新しい番号を探り当てて再び連絡をよこし、「写真を家族に見せる」と繰り返した。

そして今月14日、ムルガンさんは2人で会って話をしようと男に申し出た。脅迫行為をやめ、画像や映像を削除するよう男に求めるため指定の場所に向かったが、翌15日に、メラカランタイ村の雑木林で、脳挫傷を負ったむごたらしい遺体となって発見された。


関連記事:浮気を疑い婚約解消を望んだ男 「妻にして」と迫られ相手女性を焼殺未遂

 

■通話記録から男を特定

トゥティコリン警察は、ムルガンさんの携帯電話の通話記録から、ある人物が頻繁に電話をかけていたこと、携帯電話の番号を変えても探り当てていたこと、14日にも接触していたことを突き止め、男の身元を特定すると事情聴取を行った。

男は容疑を認め、ムルガンさんの飲み物に毒物を混ぜ、石で殴打し頭蓋骨をつぶしたことを供述。殺人罪で起訴されたが、「大好きでいずれは結婚してほしかった。それなのに拒否されカッとなった」などと話しているという。

・合わせて読みたい→愛犬の散歩中にホームレスに襲われた女性 袋に入れていたフンで撃退成功

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

マンガでわかるLGBTQ+【Amazonでチェック】

Facebookデート結婚携帯電話バレンタインデー頭蓋骨なりすまし毒物同性愛者隠し撮り殺人罪通話記録拒否翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング