自殺を思いとどまるよう説得して30年 メンタルヘルス界のメンターを悩ませる駐禁キップ

自殺を図ろうとしている人の意識を"こちら側"に引き戻すには、かなりの時間がかかるという。

2021/09/29 16:00

駐車違反・駐禁

駐車違反にもさまざまな事例がある。こんな所によくも…という危険なケースもあれば、急病や事故など緊急事態で仕方がないと思われるケースも。しかし今、監視システムが駐車違反車を検知し、自動的に料金を加算していく方法を採用している所は増える一方だ。

イギリス・ダービーシャー州に暮らすある男性の嘆きを、地元メディアの『Derby Telegraph』などが伝えている。



 

■「助けてあげてください」

ダービーシャー州ハイピーク地区のバクストンという町に暮らす、元俳優のライアン・ディオールさん(71)。彼は過去に自身が苦しんでいた経験を活かし、うつ病患者や自殺をしようとする人に寄り添いながら、30年にわたりメンタルヘルス界の良きメンターとして活躍してきた。

24時間対応のヘルプデスクに「自殺しようとしている人がいる。助けてあげてください!」という通報が入ると、ライアンさんに出動要請が。現場となる川、崖、橋、ビルの屋上などに、ライアンさんは車で急行するのだ。


関連記事:飛び降り自殺に巻き込まれ… 人生の絶頂期に死亡した女性が臓器提供へ

 

■うつ病患者にとことん寄り添う

月日はかかっても、自殺を図ろうとする者や未遂に終わった者がうつ病の治療やカウンセリングを受け、気持ちの立て直しを図れるよう導くことが自身の使命だと話し、とても真剣に活動に取り組むライアンさん。

自殺は「もう少しで楽になれる」「天国に行ける」などと考えられがちだが、現実はそうはいかない。医療費がかかり、損害賠償金を求められるなど、残された家族に強いショックと多大な迷惑をかけるケースが少なくないという。

次ページ
■説得には時間がかかる

駐車違反警告ステッカー 迷惑駐車撃退シール【Amazonでチェック】

罰金自殺話題駐車違反イギリスうつ病裁判所説得駐車料金情状酌量弁護士費用メンタルヘルス翻訳記事ヘルプデスク自殺企図者Parkingeye監視システムライアン・ディオールメンター
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング