USBケーブルが男性器に詰まり15歳少年が緊急手術 「“長さ”を測ろうと思って…」

思春期の男の子は何をしでかすか分からない。親はどんなことでも受け止める広い心を持ちたいだろうが…。

2021/09/29 08:15

USB・ケーブル

自分のモノの“長さ”が気になるお年頃の男子は、こっそりと自分の部屋でこんなコトをしていないか、注意が必要だ。痛々しくもあるが、思わず笑ってしまう少年の話題を、『The Sun』や『Indiatimes』などの海外メディアが報じている。



 

■USBケーブルで長さ測定

イギリスのロンドンに住む思春期まっただ中の15歳の少年は、自分の男性器の長さが気になって仕方がなかったという。そこである日、自宅に置いてあったUSBケーブルを見付け、「これで長さを測ってみよう」と思い付いたそうだ。

なお、プライバシー保護の観点から少年の名前は明らかにされていない。


関連記事:世界で相次ぐ磁石ボール誤飲事故 16粒飲み込んだ2歳児は大手術後に合併症も

 

■性器の両端からケーブルが…

少年はさらに、尿道にUSBケーブルがどれくらい入っていくのかを確かめたくなり、挿入して中へと押し込むことにした。

しかしその後、ケーブルを抜こうとするもうまくいかず、奥のほうで絡まっていることに気づいた。その時、陰茎の先からUSBケーブルの両端がぶら下がって出ている状態だったという。

次ページ
■「母親のいない場所で…」

USBケーブル 3.0m【Amazonでチェック】

母親思春期手術イギリス男性器レントゲン肛門ロンドンカテーテル血尿USBケーブル翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング