スーパーで並べられている惣菜をよく見ると まるでラノベのタイトルのようだと話題

コープさっぽろで販売されていた惣菜が「ラノベ」のようだと話題。広報に商品名の由来を聞いてみると…。

2021/09/29 04:00

文章のように長いタイトルが多いことでも有名なライトノベル小説(以下、ラノベ)。いまツイッター上では、スーパーで販売されている商品がまるで「ラノベ」のようだと話題になっている。



 

■衝撃的な商品名

ラノベ

「ラノベみたいな鶏肉出版されてた」とコメントを添え、スーパーで販売されている惣菜の写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのだいきさん。シールをよく見てみると、「小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている」と書かれており、強いメッセージ性を感じる…。

かなり衝撃的な商品名だが、どのように調理したのかがすぐに分かるので味が想像しやすいのもたしか。われわれが見慣れないだけで、もしかすると消費者にとって丁寧なのかもしれない。ちなみにこの商品、『生活協同組合コープさっぽろ』で売られている。


関連記事:肉のハナマサ、衝撃的な「デカ盛りチキンライス」 ご飯に乗っていたのは2枚の…

 

■ネットでは笑ったという人が続出

まさかの商品名にネットでは、「ジワジワ来ます」「面白すぎる。間違ってはないね」「めちゃめちゃ笑った」などの反響が寄せられており、笑顔になった人が続出。

他には、「本当にラノベみたいだ」「こんなタイトルありそう」とだいきさんの投稿に納得するコメントも多く見られた。

次ページ
■発見時の心境を聞いてみると…

毎日を豊かにするおいしい惣菜【Amazon】

北海道惣菜スーパーマーケットライトノベル商品名コープさっぽろ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング