さいとう・たかをさん死去、悲しみの声広がる 『ゴルゴ13』は連載継続

さいとう・たかをさんが死去。『ゴルゴ13』は継続される。

2021/09/29 16:45

ゴルゴ13
(画像出典:Amazon

今月24日に、『ゴルゴ13』などの作品で知られる漫画家さいとう・たかをさんが、膵臓がんのため亡くなっていたことを、「さいとうプロダクション」が29日に発表。84歳だった。



 

■膵臓がんのため死去

さいとうさんが設立した「さいとうプロダクション」は、29日に公式ツイッターを更新。「訃報 劇画家のさいとう・たかをが、2021年9月24日午前10時42分、膵臓がんのために永眠いたしました。84歳でした」と報告。

葬儀は新型コロナウイルスの感染状況を鑑みた上で、親族のみで執り行なったそう。「これまでご愛読、応援いただいた読者の皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝申し上げます」と続けている。


関連記事:漫画家の三浦建太郎さんが逝去 『ベルセルク』連載終了を惜しむ声も

 

■ビッグコミック編集部も哀悼

その後、『ゴルゴ13』を連載中のビッグコミック編集部も公式ツイッターを更新。

「氏には創刊の年から53年続く看板連載作品『ゴルゴ13』のご執筆のほか言葉に尽くせぬお力添えを賜りました。生前のご功績に心から賛嘆と感謝を申し上げ、謹んで氏のご冥福をお祈りいたします」とさいとうさんの死を悼んだ。

→『ゴルゴ13』(全202巻)

次ページ
■「…だが、物語は続く」

ゴルゴ13 (全202巻)【Amazon】

訃報話題ゴルゴ13さいとう・たかを死去膵臓がん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング