エナジードリンクを1日12本以上摂取 医療系専門学校に通う17歳少女が救急搬送

眠気が覚める、利尿効果や滋養強壮が期待できると謳われるエナジードリンク。しかし過度の摂取は危険だ。

2021/09/30 06:30

エナジードリンク

健康に何ら問題がなかったスイスの17歳の少女が、このほど不整脈を起こして倒れてしまった。エナジードリンクにハマりすぎることの危険性について語る動画を、本人がTikTokに投稿。それをイギリスの『Mirror』などが紹介し、波紋を広げている。



 

■学校でいきなり倒れた少女

少女はスイス・チューリッヒ州に暮らす17歳のマーシャ・Kさん。22日、通っている医療保健専門学校で突然倒れ、友人の通報により州立ヴィンタートゥール病院へと救急搬送された。

さまざまな検査を経て、医師は彼女が強い不整脈を起こして失神したと判断。回復を待ってから、本人に日々の生活習慣などについて問診を行った。


関連記事:激辛ペヤング中和する「奇跡の水」を発見 美女もヘブン状態に突入してしまう

 

■「ここでやめなければ再発も」

心臓に負担をかけるような生活習慣がなかったかと尋ねられたマーシャさんは、エナジードリンクの『レッドブル』にハマっていることを告げた。1日に12缶、多いときで20缶も飲むような生活を送っていたのだ。

医者は「それはいくらなんでも飲みすぎです。カフェインの大量摂取は心臓に強い興奮を与えます。その習慣をやめないと、同じことを繰り返しますよ」と指摘した。

次ページ
■入院生活で悪習慣を断つ

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本【Amazonでチェック】

眠気話題スイスエナジードリンクレッドブル失神救急搬送TikTokカフェイン滋養強壮不整脈翻訳記事利尿効果大量摂取医療保健専門学校
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング