「赤ちゃんを望む妹のために…」 代理母として甥を出産した姉の家族愛が話題に

妹と一緒に医師の話を聞いた姉が、「代わりに私が産んであげる」と提案した。

2021/09/30 16:30

妊娠・妊婦・姉妹・友達・お祝い

健康上の問題を抱えながら、妊娠・出産を望んだ女性(28)。それでもうまくいかず苦しむ姿を見て「ならば私が…」と立ち上がったのは、女性の姉(31)だった。女性が母親になる夢を叶えるまでの経緯を、『Metro』などの海外メディアが伝えている。



 

■母になりたかった妹

アメリカ・フロリダ州で暮らすアマンダさんは21歳のときに体調を崩し、抗リン脂質抗体症候群、さらには全身性エリテマトーデスと診断された。

当時アマンダさんの姉アリシアマリーさんはイタリアで暮らしていたが、アマンダさんが治療を受けると知り帰国。少しでも支えてあげたいと考えた末の決断だった。その後にアマンダさんは約1年かけて治療を受け、愛する男性の子供を産みたいと願うほど元気になった。


関連記事:生まれつき子宮のない女性が母親に 代理出産で夢を叶える

 

■「私が産もう」と決意した姉

アマンダさんは何度も妊娠したが、そのたびに流産。悩んだ末にアリシアマリーさんに付き添ってもらい病院に相談に行ったが、そこで得たのは「代理母に出産を依頼してはどうか」というアドバイスだった。

それを聞いたアリシアマリーさんは、「ならばこの私が産みましょう」と迷うことなく提案。しかし2019年に息子を帝王切開で出産したばかりだったため、術後1年が経過するのを待って体外受精に挑戦することにした。

次ページ
■無事に生まれた赤ちゃん

あなたの子宮を貸してください Kindle版【Amazonでチェック】

代理母出産病気アメリカ姉妹流産体外受精翻訳記事抗リン脂質抗体症候群全身性エリテマトーデス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング