濡れた髪にヘアアイロン使用の少女が感電死か 身近な家電に潜む事故の可能性

日本の電圧は世界に比べ低いが、それでも注意が必要だ。

2021/09/30 14:30

ヘアアイロン

ヘアアイロンを使用していた少女が感電死するという、恐ろしい事故がブラジルで起こった。誰もが家電の使用中に感電事故にあう危険性があることを、イギリスの『The Sun』や『EMINETRA』などが報じている。



 

 

■ヘアアイロンを使用

事故で死亡したのは、ブラジル北東部に位置するシティオ・トゥバリャーノに暮らしていたタミレス・ダ・コンセイカオ・シルヴァさん(14)。

25日の夜、自宅でヘアアイロンを使用していたタミレスさんは突然倒れ、気付いた家族がただちに救急車を要請。しかし、救急隊員によりその場で死亡が確認された。


関連記事:凧揚げの糸を「丈夫なものに」と金属線に 送電線に触れた12歳少年が感電死

 

■感電が原因か

死因の可能性として指摘されたのは、ヘアアイロンによる感電だった。

日本は万が一の際の安全性を優先させるとして、電圧は100ボルトに抑えられているが、アメリカは110~120ボルト、中国、ロシア、アフリカや欧州は220~240ボルト、そしてブラジルでは220ボルト前後の地域が多い。電圧の高さゆえ、感電死が相次いでいる国のひとつなのだ。

次ページ
■露出したワイヤーに濡れ髪が…

SALONIA サロニア ストレートアイロン プロ仕様230℃ 海外対応 SL-004【Amazonでチェック】

携帯電話ブラジル家電充電器心肺蘇生ヘアアイロン感電落雷翻訳記事電圧
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング