酒乱の父親を“儀式”で溺死させた19歳息子 「瞳に悪魔の姿が見えた」

SNSでは、アル中の父親の面倒な世話をしていた息子へ、同情の声があふれ返っている。

2021/09/30 10:30

溺死・溺れる

アメリカで少し前、19歳の息子が自身の父親を殺害したとして逮捕・起訴された。酒乱の父親に我慢の限界を感じての犯行だった。『NEW YORK POST』などが報じ、アルコール依存症の問題に悩む多くの家庭に波紋を広げている。



 

 

■リハビリ施設も効果なし

今年6月28日、マサチューセッツ州ボストン郊外のダックスベリーで、ジャック・キャラハンという19歳の男が酒乱の父親を殺害する事件を起こした。

殺されたスコット・キャラハンさん(57)は重度のアルコール依存症で、その治療を受けるリハビリ施設から出所。しかし、あっという間に深酒する日々に戻っていた。リハビリの成果が見えないことに、家族が絶望していたこともわかっている。


関連記事:女装癖と性的嗜好丸出しの写真を見られ… 羞恥に耐えかねた父親が13歳息子を殺害

 

■泥酔し世話の焼ける父親

連夜ボストンの街に繰り出し、飲んだくれている父親を心配する母親。息子のジャックは、犯行があった当日もUberを手配してあるバーへ向かった。泥酔状態の父親を椅子から下ろし、肩を貸しながら車に押し込むのは、力のある彼にしかできなかったのだ。

ダックスベリーのアイランドクリーク池付近で親子を降ろしたUberの運転手は、その後に事件を目撃。「降りてすぐ親子で殴り合いになり、息子は父親の頭をつかむと池の浅い部分に沈めた。動かなくなった父親を置いて去っていった」と通報している。

次ページ
■帰宅した息子の動揺は激しく…

アルコール依存症の正体:私という酒乱はこうして生まれた(22世紀アート) Kindle版【Amazonでチェック】

父親SNSアメリカ息子儀式Uberアルコール依存症悪魔アル中窒息精神鑑定心神喪失心神耗弱翻訳記事リハビリ施設バプテスマ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング