自分を刺した息子を愛し抜いた母親 「侵入者がやったことにして」と指示後に死亡

子供が逮捕され前科者になる可能性を、母親は最後まで心配していたようだ。

2021/10/01 05:15

ナイフ

大事に育てた息子に腹を刺された瞬間、自分の命よりも息子の今後を心配した母親。血を流しながらも“ある嘘”をつくよう息子に命じていたことを、『AsiaOne』などの海外メディアが伝えている。



 

 

■激しい親子げんかが勃発

17日、インドネシアで暮らしていた女性(34)が息子(17)と激しい口論を始めた。息子は学校をやめて家にいたが、働こうともせず1日中テレビを見て過ごす毎日。そんな息子の将来を心配した女性が注意したところ、大げんかに発展したのだ。

カッとなった息子は完全に理性を失い、とっさにナイフを握りしめて女性の腹に狙いを定めた。


関連記事:「うるさい子供を早朝から外に出すな」 隣人からの苦情に母親がショック

 

■女性の最後の願い

腹にナイフを突き立てられた女性は重傷を負ったが、その瞬間に「かわいい息子を前科者にするわけにはいかない」と考えた。

そこで苦しみながらも息子に向き合い、「母親の愛情に、上限なんてものはないの」「『頭のおかしい人が家にいきなり押し入って、お母さんを刺してしまった』とお父さんに話してちょうだい」と伝えた。

それを聞き我に返った息子は、隣人の家に向かい、女性を病院に搬送するのを手助けしてもらったという。

次ページ
■「刺したのは僕」と認めた息子

「母と息子」の日本論 Kindle版【Amazon】

母親インドネシア息子死亡隣人刺殺ナイフ通報侵入者翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング