大谷翔平選手、2試合連続のマルチ安打をマークも… 本塁打王争いに黄色信号

大谷翔平選手、マルチ安打の活躍もチームは逆転負け。気になる本塁打王争いの行方は…。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は1日(現地時間9月30日)、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦にスタメン出場。



 

■2試合連続のマルチ安打

「2番・DH」でスタメン出場した大谷選手は、無死1塁で迎えた初回の第1打席にライトへのタイムリー3塁打を放ち、先制点をあげる。そこから打者一巡の猛攻で5点を奪い、ビッグイニングを演出。

第2、3打席は凡退に終わるも、6回の第4打席ではレフトへの2塁打を放ち、2試合連続となるマルチ安打をマークする。

このまま勝利かと思いきや、5回までに5点を返されたエンゼルス。さらに、1点リードで迎えた8回には1死2、3塁のピンチでブロック・ホルト内野手に浴びたライトへの2塁打が決勝点となり、6対7で逆転負けを喫した。


関連記事:大谷翔平選手、マルチ安打&2盗塁の大活躍 本塁打王争いに大きな動きが…

 

■シーズン100打点にリーチ

この日の大谷選手は、5打数2安打1打点の活躍で打率は2割5分9厘まで上昇。今季の打点を99まで伸ばすも、期待された46号本塁打は出なかった。

今季の登板はなくなり、打者専念となってから状態は上がっているものの、なかなか一本が出ない。残り3試合、どこまで記録を伸ばせるか注目だ。

次ページ
■熾烈な本塁打王争い

大谷選手の超一流の思考に迫る【Amazon】

MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王ウラジミール・ゲレロJrサルバドール・ペレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング