今田耕司にとっての『アナザースカイ』とは… 13年の幕引きに感動の声

最終回を迎えた『アナザースカイ』で、MCの今田耕司が本音を赤裸々に語った…。

2021/10/01 11:00

30日深夜放送『アナザースカイ』(日本テレビ系)でMCの今田耕司が最終回を迎えた同番組について熱弁。番組ファンから感動の声が集まっている。



 

◼当初は難色

2008年10月10日に放送開始となった『アナザースカイ』は、それから13年後のこの日が最終回。今回は2021年9月6日の最終収録日の今田に密着した。

当初はスポンサー企業から「芸人さんは(番組の)イメージが違う」との指摘もあったが、「今田さんでやりたい」との強い要望でMC就任が認められたと後日耳にしたと今田は振り返る。「『5年はやります』言うたの覚えてます、で、心のなかで『5年は無理やろ』って思いながら。それめっちゃ覚えてますね」と笑った。


関連記事:明石家さんま、職場接種に疑問? 吉本ワクチン「絶対打たへんからな」

 

◼懐かしの顔に…

この日は番組スタート時に今田とダブルMCで番組に出演していたバレエダンサー・宮尾俊太郎や第1回のゲスト・クラシックギタリストの村治佳織と今田が再会、番組当初の思い出話と終了する悲しみを共有していく。

23日放送のロッチ・中岡創一の収録が終了、全667話の収録を終えた今田は「いや、楽しかったですね」と感想を吐露。スタッフに感謝を述べてスタジオを去っていった。

次ページ
◼今田にとっての『アナザースカイ』

今田×東野のカリギュラ シーズン2【Amazonでチェック】

テレビロケ最終回アナザースカイ今田耕司新型コロナウイルス村治佳織宮尾俊太郎バレエダンサー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング