ロックダウン下で頭髪を失った少女 50人に1人が悩まされる「抜毛症」とは

抜毛症という強迫障害にかられ頭髪を抜いてしまった少女に、母親は「ありのままの自分を受け入れて」と語る。

2021/10/03 04:45

髪の毛・かきむしる・かゆい・少女

2020年4月、ロックダウン(都市封鎖)によるストレスから自身の髪の毛をむしり始めた少女は、ほとんどの髪の毛を失ってしまった。『Mail』など海外メディアが報じている。



 

■最初はまつ毛から

イギリス・ブリストルに住むアメリア・マンジーちゃん(8)は、昨年4月に実施された新型コロナウイルス感染拡大による国全体のロックダウンにあい、ストレスによってまつげを抜き始めた。

母親のジェマさんは、友人や他の親族と会えなくなったことが原因だと考え、開業医と対面での診察を希望したが、コロナ禍のためかなわなかった。仕方なく電話で診察をしてもらうと、医師からは「学校が始まれば状況は改善する」と言われたという。


関連記事:「クシでとかせない頭髪症候群」6歳少女が公表 アインシュタインと同じ特異な髪質

 

■加速する症状

ジェマさんはアメリアちゃんがまつげを抜き出した時には、「気にしすぎないようにしよう」と考えていたという。しかしアメリアちゃんは、続けてまつ毛を全て抜き、冬のロックダウンが行われた時には頭髪を抜き始めてしまった。

最終的には、髪の毛がほんの少し頭の後ろ側に残っている程度まで抜いてしまったため、頭を覆うバンダナやウィッグなしでは外出できなくなってしまったそうだ。

そして当初、学校が始まれば治るとしていた医師たちも、アメリアちゃんを正式に「抜毛症」と診断したという。

次ページ
■抜毛症は女性に多い

本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本【Amazonでチェック】

学校セラピー強迫性障害イギリス成長期頭髪社交的ホルモンバランスまつ毛新型コロナウイルスロックダウン都市封鎖コロナ禍翻訳記事対面診察抜毛症催眠術療法士化学的不均衡
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング