ひき逃げ事故にあった男性 Apple Watchが救急車を要請して命拾い

便利なだけでなく、命も救うスマートウォッチ。高額だが持っていて損はない…?

2021/10/03 04:00

スマートウォッチ

このたびシンガポールで、ひき逃げ事故にあった男性の命をApple製のスマートウォッチが救った。イギリスの『The Sun』など海外メディアが報じ、大きな話題になっている。



 

■ひと気のない道路で事故

ムハンマド・フィトリさん(24)は先日の夜8時半頃、ひと気のない道路をバイクに乗って走行していたところ、交通事故の被害にあってしまった。バイクに衝突したのは1台のバンで、そのまま現場から逃走。ムハンマドさんはその場で意識を失い、道路上に倒れていた。

犯人はいまだ捕まっておらず、ひき逃げ事故として、現在は警察がその行方を追っている。


関連記事:「疲れたから救急車を」と連続通報 有罪判決翌日に再逮捕された男に世間ドン引き

 

■自動的に救急車を要請

しかし驚くことに、ムハンマドさんが身に着けていたスマートウォッチのApple Watchが、転倒し、意識を失っていることを感知。自動的に緊急通報サービスに連絡し、救急車を要請した。

さらには家族や交際中の女性にも自動的に電話をかけ、ムハンマドさんに非常事態が起こったことを知らせるという賢さだった。電話を受け取った家族や女性は、誰からだろうと当初は不審に思ったが、後に「Apple Watchだったと知って、大変驚きました」と話している。

Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイ【Amazonでチェック】

次ページ
■さまざまな緊急事態に対応
Apple救急車バイク事故Apple Watch話題位置情報シンガポール緊急事態ひき逃げ敗血症心拍数翻訳記事スマートウォッチ転倒検出機能
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング