『キングオブコント2021』が最高だった理由 バラけた審査と空気階段の勝因とは

新審査員とバラけた審査得点。そこで空気階段が満場一致の優勝を果たした意味とは。

2021/10/03 09:05

キングオブコント・空気階段

『キングオブコント2021』(TBS系)が 開催され、空気階段が14代目のキングの栄光に輝いた。今回は満場一致といえる優勝。これには、どのような流れや背景があったのだろうか。


画像をもっと見る

 

■非ベテラン審査員という挑戦

『キングオブコント2021』で空気階段が優勝した。今回の『KOC』の最大の特徴といえば、松本人志以外の審査員に、『KOC』で結果を残してきた芸人が新しく選ばれたこと。

出場者と世代の近い審査員とはいえ、大会の歴史を踏まえての審査員によって、偏りのある審査は抑制されることが期待。まずは賞レースの客観的基準となる審査を中心に、みていきたい。


関連記事:「キングオブコント」決勝進出の10組が決定 即席ユニットはあえなく全滅

 

■蛙亭による好スタート

キングオブコント・蛙亭

1番手となったのは蛙亭だった。人工生命体がイワクラを母親と認識し、イワクラはそれを拒否するも母性を芽生えさせる、とがった世界観のコント。

1番手から、既に有名な蛙亭が、ハイクオリティなコントを披露した。そのためか、例年に比べて高い点数で大会がスタート。その後も新審査員が、幅があり、また高めの点数をつけることで、例年より松本以外の審査員が重要な役割を担う審査となった。

次ページ
■バラけた審査

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル【Amazon】

ダウンタウンニューヨーク松本人志話題キングオブコント浜田雅功東京03秋山竜次ロバートKOC空気階段飯塚悟志鈴木もぐら水川かたまり蛙亭キングオブコント2021イワクラ男性ブランコ飯塚メガトンパンチマン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング