『キングオブコント2021』が最高だった理由 バラけた審査と空気階段の勝因とは

新審査員とバラけた審査得点。そこで空気階段が満場一致の優勝を果たした意味とは。

2021/10/03 09:05


 

■バラけた審査

キングオブコント・男性ブランコ

実際に、男性ブランコは、松本以外の審査員が高得点をつけたことにより、3位通過。もちろん本来的に、それぞれの審査員が、勝敗を決定づけていいわけで、健全な審査の結果といえる。

松本だけ他の審査員と評価が合わず、松本が気まずい感じを出すシーンや、松本と東京03飯塚の評価は合うも、その他の審査員と評価がズレる場合など、審査員全員が疲労感をにじませ、浜田雅功にツッコまれている場面が今回は見られた。


関連記事:歴代チャンピオンらが一堂に集結 『キングオブコントの会』放送

 

■手堅いコントの低評価

キングオブコント・ニューヨーク

ニューヨークのコントでは、松本が「漫才でもできた」、ロバート秋山が、「ニューヨークを知ってるからこそ、思ったよりベタ」と評し、低評価に終わったように、奇抜で凝った設定のコントが全体として多く、そうしたコントが評価される傾向にあったと思われる。

これまでとは少し違う『KOC』の不安定な雰囲気もある中、審査のバラけ具合の不安を完全に吹き飛ばす形で優勝したのが、空気階段だった。

次ページ
■歴代最高得点

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル【Amazon】

ダウンタウンニューヨーク松本人志話題キングオブコント浜田雅功東京03秋山竜次ロバートKOC空気階段飯塚悟志鈴木もぐら水川かたまり蛙亭キングオブコント2021イワクラ男性ブランコ飯塚メガトンパンチマン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング