仙台空港近くの火災で消防10台が出動 目撃者は「中に重機が数台入っている」

現場となった「空港リサイクルセンター」では、東北最大級の処理能力を誇る破砕施設を保有しているという。

2021/10/03 12:10

仙台空港周辺火災

3日午前8時前、宮城県岩沼市下野郷中野馬場にある「イーストコア 空港リサイクルセンター」で火災が発生。現場は仙台空港近くで、黒煙が高く舞い上がったため、周辺が一時騒然とした。



 

■消防10台が出動

あぶくま消防本部によると、午前7時50分頃に「工場内から煙があがっている」との119番通報が入った。消防車両10台(うち救急車1台)が出動し、消化活動にあたっている。

なお、午前11時現在けが人の情報は入っていない。現場周辺には、工場や物流センター、事務所などが立ち並ぶ。


関連記事:横浜市のマンション火災で消防30台出動 最上階から黒煙と炎

 

■火の勢いが増すことが心配

目撃者の高橋さんは、しらべぇ編集部の取材に対して「中に重機が数台入っており、火の勢いが増すことが懸念される」と話す。火災現場については「プラスチックや紙を破砕したものが多い建物だったと思う」と語った。

さらに、「風がないため、においは垂直にあがっていると思うが、2キロ近く離れた場所からも焦げ付いたにおいが感じられた」と述べた。

【画像】黒煙が高く立ちのぼる様子の投稿

次ページ
■東北最大級の処理能力

SUPERサイエンス 火災と消防の科学【Amazonでチェック】

話題工場宮城県火災仙台空港岩沼市物流センターイーストコアリサイクルセンター黒煙
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング