仙台空港近くの火災で消防10台が出動 目撃者は「中に重機が数台入っている」

現場となった「空港リサイクルセンター」では、東北最大級の処理能力を誇る破砕施設を保有しているという。

2021/10/03 12:10


 

■東北最大級の処理能力

空港リサイクルセンターでは、東北最大級の処理能力を誇る破砕施設を保有しているという。この火災に関する投稿をSNS上で、114件確認。「かなり離れた場所からも煙が見える」との投稿が相次いでいる。

総務省消防庁によると、2020年の宮城県内での総出火件数は642件。建物火災が368件(57.3%)と最も多く、次に車両火災69件(10.7%)、林野火災28件(4.4%)と続いている。

出火の原因の第1位は「放火」67件、以下「たばこ」50件、「こんろ」47件、「電灯・電話などの配線」34件、「ストーブ」31件の順となっている。


関連記事:横浜のびっくり寿司火災で消防21台出動 目撃者は「窓を壊して消火活動」

 

■現場に黒煙が立ちのぼる様子

・合わせて読みたい→名古屋市の人気ステーキ店火災で消防20台出動 目撃者から話を聞いた

(取材・文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

SUPERサイエンス 火災と消防の科学【Amazonでチェック】

話題工場宮城県火災仙台空港岩沼市物流センターイーストコアリサイクルセンター黒煙
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング