指先の小さな傷を無視してネイル施術 細菌感染で親指を失った女性が警告

ネイルの施術は、その前から皮膚や爪の衛生管理と観察を怠らないようにすることが大切だ。

2021/10/04 19:10

指・爪・女性

予測せず指先をけがすることは誰にもある。そんなとき、ネイルサロンの予約を入れていたら、どうするべきなのだろうか。美しい爪を今すぐ手に入れたいという気持ちが勝ってしまうと、時にはこんな恐ろしいことも…。

ある女性の身に起きたトラブルの話題を、『Mirror』『NEWS LOGICS』など海外のメディアが伝えいる。



 

■親指の一部を失う

「私は今、病院に入院しています。指に傷があるのにネイルの施術を受け、親指の一部を失いました」というTikTokでの衝撃的な告白が、話題を集めている。

告白をしたのは、ブラジル・リオデジャネイロ州のドゥーケ・デ・カシアスに暮らし、約7万6,000人のフォロワーをもつジェネファー・ソウザさん。その日は入院して13日目だという。


関連記事:なんて失礼なの? ネイルをしたとき夫に言われた最悪な一言

 

■黄緑色に変化した親指

ジェネファーさんはその告白に添え、第一関節より上が黄緑色に変化した親指の写真を公開している。それは膿を思わせる大変ショッキングな色だった。

彼女の親指がそんな危険な状態に陥った理由は、爪周囲の皮膚に小さな傷があったのに、ネイルサロンでつけ爪の施術を受けたからとのこと。

爪に長さを与えるグラスファイバーシートを貼り付けた後につけ爪を装着してもらい、傷口には下地剤、接着剤、硬化ジェルなど複数の化学物質が侵入したと考えられている。

次ページ
■膿が排出され指が黒く…

TOROKOM ネイルチップ 可愛い つけ爪 ネイル用品【Amazonでチェック】

手術話題皮膚接着剤TikTokネイルサロン切断壊死つけ爪施術翻訳記事蜂窩織炎細菌感染グラスファイバーシート硬化ジェルかぶれ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング